本日、とある財団と話しをしました。
一部の保護者の方は、ご存知と思いますが、前回のマレーシア出張では、
マレーシアで開発された英語学習プログラムのチェックという仕事もありました。

教師に求めるレベルが高く、難問が沢山あったので財団側にお願いしていたのですが
一応、道筋が見えてきました。

指導法は、第二言語修得プログラムです。

分かりやすく言うと、英語を英語で教えるプログラムです。

プログラムでは3か月(12週)と言ってますが、さすがにカタコトは言えてもそれは・・・(^-^;;

ただ1年も続けていくと小学校レベルの日常会話はOKでしょうし、このプログラムの秀逸なところは、
基礎だけでなく、その後の単語などの修得プログラムも入っており、大人の会話まで3年程度でもって
いくように設計されていることです。(しかし教師のレベルは、非常に高くないとダメですし、当人が日本語で
それなりの語彙力を持っていないともちろんダメです。)

早ければ来春から実験的に行う予定です。(まだマレーシア側とクリアになっていないポイントが
いくつかあるようですので・・)幼稚園では英語を話していたけど小学生になるとその環境がなくて・・・
そんな声も聞きます。しかし第二言語修得の手法であれば、日本語が進んでいる分、最初の修得は早いものです。
導入前には説明会を開きますので、その際にはよろしくお願いします。

またマレーシアといいますと、マレーシア短期語学研修も行っています。
14,9000円という高額(他の留学よりは格安ですが)なので、強くお薦めは出来ませんが、
今回は、様々なアクティビティをマレーシア側で行ってくれるようですし、何よりマレーシアの生徒との交流、
インターナショナルスクールでの本格的な授業と、旅行業者の留学プログラムでは出来ない内容になっています。
(これも、ある財団が直接、現地に赴き、口説いてくれたから実現しました。)
こちらの多くの留学プログラムが、安価な修学旅行のようですが、これは、かなりガチに勉強、それも現地の生徒との
勉強という滅多にない経験が出来るのが特徴です。第一弾の募集で半分以上は埋まりましたが、第二弾の募集が
始まっております。

8月4日~12日までの日程です。お問い合わせは、以下のフォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文