愛媛、西予(宇和)・大洲・内子にある総合学習塾。国公立大受験に向けた豊富なカリキュラムで合格を目指す!

大洲校からのお知らせ

  • HOME »
  • 大洲校からのお知らせ

大洲高校のみなさんへ

もし学校の成績が今ひとつだったり、模試での志望校判定が
思うようでないなら、まずは、開進スクールの無料体験を受けてみませんか?


開進スクールは、リアル授業です。
毎日通塾出来ますし、毎日先生が指導します。
あくまでも対面の教育にこだわっています。
最近は、映像授業の塾さんも多くなる中、あくまでも
リアル授業にこだわり続けています。

リアル授業だからこそ、その場で問題が解決します。
単に授業を受けるだけなら、映像授業などより、学校の授業の方が
良いに決まっています。映像で伸びない理由は、自分の理解不足な点が
その場で解決出来ないからです。

今では、映像授業も安くなり1か月2000円で全科目見放題となりました。
講師は皆さんが知ってるような有名予備校の先生ばかり。

開進スクールでは、そのため授業はまったくせず、皆さんの疑問点に答える
という「指導」に特化しています。

全科目リアル指導。(高2生までは、100%学校の教科書と問題集に合わせてあります。)
オープンスペースでのアクティブラーニング。

他塾と異なり非常に変わった仕組みの塾です。
毎日、全教科リアル授業で対応しています。

八幡浜3

勉強の仕方に焦点を合わせた指導を行うことを特徴としているのが当塾です。

生徒1人1人、つまずくポイントも異なれば、理解していても、その理解度にすら、差があります。

また学校の内容(特に教科書)が、受験の基本ですが、教科書内容を100%理解することは本当にシンドイものです。そのため多くの講師や塾が、問題解説を中心に行うのに対し(映像は問題解説がメイン)あくまでも教科書重視を貫く指導にこだわるのは、基礎を徹底していないと応用も利かず、結局、不合格になってしまうからです。

旧帝大の入試問題には、奇問や難問は出ません。(高い論理性は求められますが。)基礎(公式・定理など)をしっかりと理解した上で、目の前の現象や問題を読み解く論理力や推察力などが求められます。

問題解説は、正直、「楽」です。しかし有名大学は、似たような問題でも、きちんと「変えて」きます。
基礎が本当に出来ていないと太刀打出来ないようになっているのです。

そのため今日も生徒たちと、教科書と指定問題集をしゃぶりつくすまで、学習しています。

学習時間は長いが成績が上がってこない。
色々と参考書・問題集を買い、解くが成績はさっぱり・・

このような場合、多くは、勉強の方法に問題があります。
勉強は、問題を解くことではありません。(これは生徒にはいつも言ってますが)

どんな生徒も、自分なりの確固たる学習スタイルを身につけることが出来る場所・・

それがここ開進です。

募集学年 大洲高校(普)1年~3年。
開講日 月~土(16:00~22:00)ただし休校日を除く
詳しくは、当塾カレンダーによります。
定員 弊塾は、毎日通塾出来ますので、座席数=定員となります。
現在、全学年で約25名の空きがございます。(2月16日)
TEL 0893-23-0877

◆入会の目安
高校1年生    入試得点180点以上
高校2、3年生(理系)学年25位以内
科目 英・数・物・化
お問い合わせ 下記フォーム、(紹介者がいれば、お書き添え下さい。)
(電話受付:0893-23-0877)

文字1

 

 

勉強とは、究極この2つ!

文字2

 

 

都市部の生徒と地方の生徒の違いは、インプット量の違い!

ある大手教育会社のデータによれば、岡山大(偏差値上)に入るためには、愛媛県内であれば進学校の上位8%以内にいないといけないませんが、都立高だと「半分」の順位で合格出来ます。
まさに教育の地方格差です。

しかし全国の生徒を見たきた経験から言えば、地方で「生徒格差」はありません。

それどころか、入学時の偏差値の高い生徒が、かなり存在します。

しかし、高校3年間で、これだけ差がつくのは、「インプット量の違い」です。

都市部の生徒にとって勉強は、「覚えること」です。学校も覚えているかどうかをひたすらチェックします。進学校と言われるところの方が、このチェックが厳しいものです。「暗記はダメ」「理屈がないとダメ」と言う指導者の多くは、多分、本当の上位層の学習を知りません。覚えてから理解するが多くの進学校の流れです。

そのため小テストの繰り返しが多く、「書いて提出」というくだらない宿題は存在しません。(最近は、宿題を出さない学校が増えてきました。)そのため生徒は効率的に大量な情報を覚えることを鍛えられることになります。

実は、公立校でも進学校でも与えられている素材(教科書、問題集等)は同じものが多くなりました。
それでも、これほどの差が出るのは、覚えることへの意識の違いです。

 

文字3

 

 

解ける生徒は、公式以外の大事なことを覚えている!

当然、公式は覚えてる方がいい!しかし公式だけを覚えて問題が全て解けるのは天才。
問題が解ける生徒は、公式よりも「解き方」「考え方」を覚える。
公式を知らない生徒が数学、物理を、単語を知らない生徒が英語が出来るわけはない!
しかし公式だけ、単語だけでやれる程度の大学は、たかが知れている。
本来、大学(特に国公立)は研究機関である。考え方こそ大事。

文字4

 

 

学ぶは真似る!まずは、先人の定石を覚える!

大切なことは、「解答までのアプローチ」を学ぶこと。
学んだ後は、「真似して解いてみる。」そうすることで学力は上がる。
結局は、どれだけ定石を覚えているか!英語も数学も物理もすることは同じ。

大学入試は、問題が解ければいい!しかも解けない問題は出ない。
答えがあるということは、誰かが既に「解いている」ということ。

八幡浜9

八幡浜10
開進スクールは、現役主義です。だから「リアル」にこだわります。


最近、高校生の塾で 多い映像授業。確かに映像には、映像の良さがあります。TVで出ているような先生の授業が受講できるということは、受験生からしたら、ちょっとしたステータスかも知れません。


一方、現役での合格が残念ながら叶わなかった生徒たちは、予備校に行きますが、映像での予備校に行くという話は聞きません。実は、これが、映像の「限界」を証明しています。学習は、人と人とのつながりから出来上がります。教えること(ティーチング)は、映像でも出来ますが、生徒を導く(コーチング)ことは、目の前に各科目や進路指導に詳しい先生がいないと出来ないからです。

先日の新聞発表で、映像授業の満足度調査がありました。某社の月2000円程度で見放題のものが1位となってました。
今では、多くの会社が映像を配信しており、その質は、年々高まっています。
映像は、単に勉強のツールに過ぎません。動く参考書という程度です。
本来の勉強は、自分の頭で理解し、記憶し、応用する力を養うことです。
番組を見るだけで学力がつくとは思えません。

現実には、自分で考えるよりもビデオを見ているだけの方が楽です。
しかし力は、自分の頭で考え、悩み、納得したときにしか伸びません。

開進が毎日通塾出来る理由は、その考える時間をしっかりと取りたいということもあります。

授業形態にこだわらず、トコトン生徒の時間を有効利用し、最短での現役合格にこだわった開進の教育システムをご体験下さい。

開進スクール合格実績 2017年度

過去の実績

 

開進スクール大洲校は、フジから徒歩3秒です。(^-^;;

■大洲校へのお問い合わせは、以下のフォームをご利用下さい。
(もちろんお電話でも大丈夫ですが、時間帯によっては、指導に支障がございますので、なるべく以下のフォームをご利用頂ければ幸いです。)


PAGETOP
Copyright © (有)ガイナ 開進スクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.